サイバー法案成立なるか 逃せば五輪対策に影響

産経ニュース / 2018年11月9日 20時40分

今臨時国会で、サイバー攻撃への対策を強化するための「サイバーセキュリティ基本法改正案」の行方が注目されている。2020年東京五輪・パラリンピックを見据え、官民で情報を共有する協議会の設置が柱で、政府は来年4月の発足を目指す。ただ、12月10日に会期末を迎える今国会の審議日程は窮屈だ。成立を逃せば五輪対策に支障が出る恐れがあるだけに、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング