中央防災会議報告書 一斉避難方針に自治体で戸惑いの声

産経ニュース / 2018年12月11日 21時15分

政府の中央防災会議の有識者会合で11日にまとまった、異常現象観測時の対応をめぐる報告書。東西に延びる南海トラフ震源域の半分で大地震が起きる「半割れケース」で、反対側にも一斉避難を求める方針が打ち出されたことについて、自治体の現場からは「周知をどうすればいいのか」などと戸惑いの声が上がった。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング