他人名義のクレカで宿泊予約の中国人起訴 容疑の一部は不起訴

産経ニュース / 2018年12月17日 20時55分

他人名義のクレジットカードで不正に宿泊予約したとして、さいたま地検は17日、電子計算機使用詐欺罪で、千葉県市川市の会社役員、陳暁隆容疑者(28)を起訴した。起訴状によると、昨年12月8日午前0時45分ごろから同13日午後9時40分ごろ、4回にわたり他人のクレジットカードを使って宿泊予約サイトで宿泊予約し、代金の支払いを免れたとしている。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング