横浜市西区のバス停と横断歩道が近接した交差点で平成30年8月、停車中のバス後方から道路を横断しようとしていた小学5年の女子児童=当時(10)=が、ワゴン車にはねられ死亡する事故があり、自動車運転処罰法違反(過失致死)罪に問われた神奈川県藤沢市の電気設備工事業、門倉広樹被告(36)の判決公判が11日、横浜地裁(横倉雄一郎裁判官)であり、横倉裁判官は禁錮2年6月、執行猶予4年(求刑禁錮2年6月)の判決を言い渡した。横倉裁判官は判決理由で、事故現場はバス停と交差点が近接し過ぎていることに言及。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング