写真

新橋のビル建設現場で発生した火災で、屋上部分にいた作業員が撮影した写真。黒煙がもうもうと上がっている=11日、東京都港区

東京都港区新橋の建設中の高層ビルで11日午後に発生した火災で、断熱材など約100平方メートルが焼けたことが、東京消防庁への取材で分かった。同庁や警視庁愛宕署によると、出火当時、建物内には300人以上がいたとされ、煙が上がる中で逃げ出した作業員たちは「嗅いだことのない臭い。怖くて震えた」などと振り返った。ビルは地下2階地上27階。屋上で作業していたという女性は「やばい」「気をつけろ」という声で異変に気付いた。周囲を見ると煙が近くまで迫っており、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング