官製談合疑い、大阪市を捜索 大阪地検特捜部

産経ニュース / 2019年1月24日 10時5分

大阪市発注の公共工事の入札をめぐり、市職員が入札業者側に情報を漏らした疑いがあるとして、大阪地検特捜部は24日午前、官製談合防止法違反などの容疑で、工事を発注した市建設局(同市住之江区)など関係先の家宅捜索を始めた。特捜部は疑惑の解明には強制捜査が必要と判断、関係先から押収する資料を分析するなどして実態把握を進める。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング