東京福祉大の補助金減額へ 過去に実刑判決の元総長が運営関与判明

産経ニュース / 2019年3月19日 15時35分

留学生約1400人の所在不明が明らかになった東京福祉大(東京都豊島区)が、文部科学省の指導に反し、過去に実刑判決を受けた元総長の男性を大学経営に関与させていたことが19日、分かった。文科省は大学の管理運営が不適正だとして、同大への今年度の私学助成金を50%減額する方針を固めた。一方、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング