「問題なし」判定…なぜ事故が相次ぐのか 池袋事故

産経ニュース / 2019年4月20日 20時50分

東京・池袋で乗用車が暴走し、母子2人が死亡、男女8人が重軽傷を負った事故で、運転していた旧通産省工業技術院の飯塚幸三元院長(87)が、平成29年の免許更新時に受けた認知機能検査で記憶力や判断力に問題はないと判定されていたとみられることが判明した。これと同様に、問題なしと判定された75歳以上の高齢運転者による死亡事故が相次いでいる。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング