11年前の殺人で逆転無罪 精神障害で「心神喪失」判断 東京高裁

産経ニュース / 2019年4月24日 13時30分

東京都東村山市の都営アパートで平成20年、隣室にいた手島公子さん=当時(73)=を刺殺したとして、殺人罪に問われた無職女性(61)の控訴審判決公判が24日、東京高裁で開かれた。芦沢政治裁判長は「当時、心神喪失だった疑いがある」として、懲役8年6月とした1審東京地裁立川支部の裁判員裁判判決を破棄し、無罪を言い渡した。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング