JR脱線事故14年 初めて「祈りの杜」で追悼式 550人参列 JR西社長、安全誓う

産経ニュース / 2019年4月25日 11時15分

兵庫県尼崎市で平成17年4月、乗客106人が死亡し562人が重軽傷を負ったJR福知山線脱線事故は25日、発生から14年を迎えた。事故現場に昨秋整備された慰霊施設「祈りの杜(もり)」で、JR西日本主催の追悼慰霊式が営まれ、遺族や負傷者らが手を合わせた。脱線現場での慰霊式の開催は初めて。式は毎年、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング