ゴーン被告「事件関係者に働きかけ」認める 地検が異例の言及

産経ニュース / 2019年4月25日 14時30分

会社法違反(特別背任)の罪で起訴された前会長、カルロス・ゴーン被告(65)が、事件関係者への働きかけを計画したことを認めていたことが25日、分かった。東京地検の久木元(くきもと)伸次席がコメントで明らかにした。地検は、東京地裁が証拠隠滅の疑いがあるとしながら保釈を決定したことを不服として準抗告した。地検が公式コメントで、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング