警視庁、全方位で最大警戒 トランプ氏大相撲観戦

産経ニュース / 2019年5月23日 20時15分

トランプ米大統領の来日に伴う一連の行事で、警視庁などの警備当局が最も懸念する現場が、26日の大相撲夏場所千秋楽の観戦だ。両国国技館(東京都墨田区)は構造上、トランプ氏の座席が多くの観客から見下ろされる形になり、全方位の警戒が必要になる。このため、警視庁が同館内では異例となる制服警察官の場内配置を検討していることも判明した。日本相撲協会関係者は「警備は当然必要だが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング