逮捕の山形大生、事件直前に不審行動も 被害者との接点見えず 女性医師殺害

産経ニュース / 2019年6月15日 16時15分

山形県東根市の医師、矢口智恵美さん(50)が自宅マンションで殺害された事件は、凶器にゴルフパターが使用されたとみられており、強い力で執拗(しつよう)に殴打したためか、天井まで血痕が飛び散っていた。殺人などの疑いで逮捕された山形大4年、加藤紘貴容疑者(23)は事件後も通学を続けており、県警村山署捜査本部の調べに対しては「覚えていない」と容疑を否認。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング