後絶たぬ拳銃強奪 富山では民間人が犠牲

産経ニュース / 2019年6月16日 16時25分

警察官が襲われるなどし、拳銃を奪われる事件は過去にも起きている。昨年6月、富山市の交番で元自衛官の男(22)が交番勤務の警察官1人を殺害し、拳銃を奪って逃走。交番近くの小学校で発砲し、警備員の男性を射殺した。男は後の調べに「拳銃を奪う目的だった」と供述し、強盗殺人罪などで起訴された。平成29年10月には福岡県大野城市の商業施設の保安室で、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング