「ひずみが集中、地震の多発地域」 遠田晋次東北大教授

産経ニュース / 2019年6月19日 0時45分

遠田晋次東北大教授(地震地質学)は今回の地震について「日本海東縁部は、(日本列島の下に沈み込む)太平洋プレート(岩板)によって地盤が東西方向に押され、ひずみが集中している。地震が多発しており、過去には北海道南西沖地震(平成5年)や日本海中部地震(昭和58年)などが起きてきた」と話す。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング