マグニチュードを6・7、震源の深さを14キロに修正 気象庁

産経ニュース / 2019年6月19日 0時45分

 18日夜に新潟県で最大震度6強、山形県で同6弱を観測した地震で、気象庁は19日未明、地震の規模を示すマグニチュード(M)を当初発表していた6・8から6・7に、震源の深さを約10キロから14キロに、それぞれ修正した。震源地は山形県沖で変更はない。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング