「道路全面に落石が」対策本部に向かう途中、事故に遭った村上市職員 新潟震度6強

産経ニュース / 2019年6月19日 7時30分

山形県沖を震源とし、新潟県村上市で震度6強を観測した地震の影響で、市内を南北に貫く国道345号で落石が発生。通りかかった軽乗用車が乗り上げる事故が発生した。運転していた市職員の大滝寿さん(55)にけがはなかったが、「トンネルを抜けると、道路全面に落石があった」と声を震わせた。現場から数キロ北にある自宅でくつろいでいた大滝さんは地震の大きさから「市役所に対策本部ができる」と考え、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング