大雨、土砂災害、続く揺れ…一夜明けても元通りの生活は遠く 新潟震度6強

産経ニュース / 2019年6月19日 17時20分

山形県沖を震源とし、新潟県村上市で震度6強を観測した地震から一夜明けた19日、市内には大雨警報が発令され、冷たい雨が降り続けた。一部の地区では高齢者への避難が促されるなど、住民らの不安はさらに募った。被害の多かった市北部は山に囲まれ、土砂崩れへの警戒も続く。「いつになったら元の生活に戻れるの」。住民からはため息が漏れた。地震発生から1日が経過しても、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング