体罰で中学生に炎天下の校庭を約3時間走らせる 男性教諭を減給処分

産経ニュース / 2019年6月26日 15時40分

千葉県教育委員会は26日、顧問をしていたサッカー部の男子生徒を約3時間にわたって走らせる体罰を行い、熱中症による体調不良に陥らせたとして、同県柏市の市立中学校の男性教諭(32)を減給10分の1(1カ月)の懲戒処分にした。県教委によると、男性教諭は5月25日午後0時5分ごろ、サッカー部に所属する中学1年の男子生徒に、前日の授業の小テストでカンニングをしたことへの指導だとして「校庭を100周走れ」と指示。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング