「刺された」と自作自演の男性、書類送検 仙台南署

産経ニュース / 2019年7月18日 15時50分

傷害事件の被害者を装って妻に虚偽の110番をさせ、警察の業務を妨害したとして、仙台南署は18日、軽犯罪法違反(業務妨害)の疑いで仙台市太白区の無職の男性(51)を仙台区検に書類送検した。書類送検容疑は5月29日午後10時半ごろ、自ら左胸をアイスピックで刺したにもかかわらず、妻に「夫が何者かに刺された」と虚偽の110番通報をさせ、警察の業務を妨害したとしている。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング