アフリカ豚コレラ汚染の生肉密輸でベトナム籍の女逮捕 警視庁

産経ニュース / 2019年7月23日 13時35分

無許可で豚コレラに汚染された生肉などを密輸入したとして、警視庁生活環境課は、家畜伝染病予防法違反の疑いで、ベトナム国籍の留学生、ハック・ティ・フオン・リン容疑者(23)=埼玉県川口市=を逮捕した。一部の生肉からは通常の豚コレラより致死率が高く危険とされるアフリカ豚コレラ(ASF)の遺伝子が検出された。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング