暴力団幹部の死去めぐり、沖縄市役所と琉球新報が批判応酬

産経ニュース / 2019年7月23日 19時30分

沖縄県で暴力団幹部の死去をめぐり、市役所と地元紙が批判を応酬する事態になっている。沖縄県沖縄市が暴力団幹部に弔電を送ったことについて、琉球新報が「認識の甘さ露呈」と批判したのに対し、市は弔電を送った原因は地元紙の告別式広告だとして「自分たちの責任には言及せず、一方的に市だけを批判したのは不公平だ」と抗議した。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング