「ぶつけられて頭にきた」あおり運転の宮崎容疑者供述

産経ニュース / 2019年8月19日 18時55分

茨城県守谷市の常磐自動車道で起きたあおり運転殴打事件で、傷害容疑で茨城県警に逮捕された宮崎文夫容疑者(43)が、被害者の車が自身の車に追突したとして「ぶつけられて頭にきたので殴った」と供述していることが19日、捜査関係者への取材で分かった。捜査関係者によると、宮崎容疑者は10日の殴打事件の際、被害者の男性会社員(24)の車の進行を阻んで停止させた後、歩いて男性の車に歩み寄り窓越しに怒鳴りつけるなどした。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング