組脱退の”けじめ”で指の切断強要 暴力団幹部の2人逮捕 傷害も

産経ニュース / 2019年8月20日 17時55分

暴力団組織からの脱退を申し入れた男性(28)に暴行を加えけがをさせた上、指を切断するよう迫ったとして、宮城県警暴力団対策課は20日、傷害と組織犯罪処罰法違反の疑いで、指定暴力団住吉会系三次団体幹部の熊谷永一(41)=仙台市青葉区=と佐々木正人(36)=大和町=の両容疑者を逮捕した。同課は認否を明らかにしていない。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング