留置施設内で男性が指切断 神奈川県警

産経ニュース / 2019年8月23日 16時0分

23日午前7時10分ごろ、神奈川県警本部の留置施設内で、留置されている男性(60)が、看守が閉じようとしたドアに左手をはさまれ、小指の第1関節から先を切断するけがを負った。同日、県警留置管理課が発表した。同課によると、男性は7時に起床したあと、倉庫に布団を運び入れ、再び居室に戻る際、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング