千葉停電1週間、無情の雨…屋根被害の住民ら不安な日々

産経ニュース / 2019年9月16日 18時5分

台風15号による千葉県の広域停電は、16日で発生から1週間となった。全面復旧の見通しが修正され「27日まで」とするエリアが拡大されるなか、千葉県は強い雨に見舞われ、避難勧告も出された。家屋の修復作業の最中に襲った無情の雨に、被災した人々は苦悩の表情を浮かべ、長期化する復旧に疲労をにじませた。屋根瓦が飛ばされるなど約300戸の住宅が被害を受けた同県匝瑳(そうさ)市や周辺の市町では、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング