【国民の自衛官~横顔】(5)命がけで爆弾498トン安全化 陸自東部方面後方支援隊第102不発弾処理隊

産経ニュース / 2019年9月17日 23時55分

「これまでに処理を誤ったことはない」。隊の活動の計画管理を担う久米正太郎1等陸尉(36)はそう胸を張る。隊の任務である不発弾処理は、種類や構造を判別する「識別」、信管の機能を無効化する「安全化」、安全化した不発弾の「回収・運搬・処分」までの一連の工程を指す。担当地域は、北は新潟県佐渡島、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング