結審まで37回 強気の3人、いらだち見せ反論も…東電旧経営陣裁判

産経ニュース / 2019年9月20日 1時45分

東京電力福島第1原発事故をめぐる刑事裁判は結審まで計37回に及び、旧経営陣3被告への被告人質問のほか部下や専門家ら計21人への証人尋問が行われた。「巨大津波が襲来する」との試算の評価が焦点だったが、3被告と証人らの説明には食い違いもあった。被告らは時折、いらだちをあらわにしながら、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング