NGT48暴行事件でファン男性側「山口さんとつながり」と主張 損賠訴訟

産経ニュース / 2019年9月24日 13時0分

新潟を拠点に活動するアイドルグループ「NGT48」の元メンバー、山口真帆さん(24)に対する暴行事件をめぐり、運営会社「AKS」(東京)が、暴行容疑で逮捕された男性ファン2人=不起訴=に3千万円の損害賠償を支払うよう求めた裁判で、男性が山口さんと私的な“つながり”があったと主張していることが24日、分かった。男性側は暴行はしていないと主張した上で、男性の言動とAKS側の損害には因果関係がないとして争う構えを示している。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング