【台風19号】自治体はどう対応したのか 早期呼びかけも取り残される住民も「検証が必要」

産経ニュース / 2019年10月13日 15時20分

大型の台風19号は通過した東京都の多摩川や栃木県の秋山川だけでなく、長野県の千曲川も氾濫させるなど、離れた場所でも激しい雨を降らせた。自治体は早めに避難勧告や指示を出すなど対応に追われたが、夜間の避難呼びかけで自宅に取り残される人も出た。多摩川流域の東京都世田谷区では、12日午後3時40分に避難勧告、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング