【台風19号】千曲川堤防の決壊現場は泥水がひき、惨状が露わに 上空ルポ

産経ニュース / 2019年10月14日 11時55分

台風19号により千曲川の堤防が決壊し、市街地に水が流れ込んだ長野市穂保地区。台風上陸から2日経った14日朝、再びヘリで上空から取材した。激しい濁流が見られた千曲川は、水の色こそ茶色のままだが、流れは13日とは一転して穏やかに。泥水に沈んでいた街が姿を見せ始めるとともに、その被害の惨状が明らかになってきた。(北野裕子)濁流でなぎ倒された川岸に生えていた木々、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング