【台風19号】「いつ自宅に住めるのか」千曲川氾濫で長野の避難所に募る不安

産経ニュース / 2019年10月14日 21時0分

「いつ、自宅に住めるのか…」。長野県の千曲川が氾濫した台風19号で、避難所となっている長野市の北部スポーツ・レクリエーションパークでは、同市穂保(ほやす)地区の住民らが不安な時間を余儀なくされている。管理・運営に当たるスタッフによると、同施設に避難している住民らは14日午後3時の時点で約200人。中には90歳を超えるお年寄りもいる。フローリングなどの床に、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング