【台風19号】「雨は小降り」でも、消防呼びかけに… 危機一髪の避難劇

産経ニュース / 2019年10月14日 21時0分

台風19号の大雨で千曲(ちくま)川が氾濫した長野市北部の住民は、氾濫前、「雨は小降りで危険性を感じなかった」という。それでも、多くの高齢者や住民たちは消防の呼びかけを聞くなどして、早い段階で自宅から避難し、そのおかげで、間一髪、危険を免れていた。《5・0メートル以上想定浸水深この場所は千曲川が氾濫すると最大10・0メートル浸水する可能性があります》多くの家屋が濁流に飲み込まれた長野市穂保(ほやす)地区。電柱には氾濫の危険性を伝える掲示が、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング