【台風19号】夜通し作業も「メド立たない」 決壊から3日 長野・千曲川

産経ニュース / 2019年10月15日 11時40分

台風19号の大雨で千曲(ちくま)川が氾濫した長野市北部は15日、決壊した堤防の緊急対策工事と浸水した地区の排水作業が続けられているが、いまだに被害の全容が判明していない場所もある。氾濫から3日目を迎え、被災住民らは長期化する見通しの避難生活に不安を隠せない。国交省北陸地方整備局によると、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング