【台風19号】「ギリギリの判断」緊急放流、課題浮かぶ

産経ニュース / 2019年10月16日 16時20分

台風19号による記録的な大雨で関東甲信越と東北地方にある計6カ所のダムでは、満水に達する前に流入量と同量を放流する「緊急放流」に踏み切った。下流で大規模水害が起きる可能性があり、管理者は洪水調節機能を放棄することになる苦渋の判断を迫られた。これらのダムでは、昨年の西日本豪雨の教訓として提言された事前放流(利水用の最低限の貯水を含む)を行っておらず、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング