【台風19号】なぜ「逃げろ」と言わなかったのか 独居の母の死に後悔

産経ニュース / 2019年10月16日 17時20分

記録的な大雨をもたらした台風19号による浸水被害では、自宅にとどまって逃げ遅れた多くの高齢者らが犠牲になった。1人暮らしをしていた福島県本宮市の鈴木幸子さん(78)も自宅1階で遺体で見つかった。「なぜ『逃げろ』と言わなかったのだろう」。千葉県から定期的に実家を訪れていた長女の敦子さん(51)は後悔を募らせている。敦子さんら子供3人は進学などを機に、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング