【台風19号】「もっと話したかった」 “父”も務めてくれた母への後悔 宮城・丸森町

産経ニュース / 2019年10月17日 23時20分

台風19号で大きな被害に見舞われた宮城県丸森町の子安地区では、家屋が土砂で流されて4人が行方不明となり、17日も捜索が続けられた。自然災害の脅威を物語る現場で、母親ら親族の捜索に自ら参加する男性がいる。「もっと腹を割って話せばよかった」。過去の自分に言い聞かせながら、懸命な捜索を続ける。山あいにある同地区では山頂付近から土肌があらわになり、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング