【台風19号】世界文化遺産ピンチ 三保松原のマツ「塩害」も

産経ニュース / 2019年10月18日 16時45分

台風19号の暴風雨により、世界文化遺産・富士山の構成資産である三保松原(静岡市清水区)のマツ15本が、折れたり、根がむきだしになっていりしていたことが分かった。18日に静岡県庁で開かれた三保松原保全実行委員会で、静岡市の担当者が報告した。このほか、多数のマツが高潮によって海水をかぶる塩害にあったとみられる。海水をかぶったマツは、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング