【台風19号】首都圏の調節池ギリギリ…9割に到達、危機目前だった

産経ニュース / 2019年10月19日 18時50分

記録的な大雨を降らせた台風19号で、河川の水位を下げるために水を溜め、下流の東京近郊などで氾濫しないように建設された各地の大規模な調節池、遊水地が、総貯留量の9割に達していたことが、各河川事務所などへの取材で分かった。長野県や福島県などで大規模氾濫が発生する一方、東京近郊は回避できたとされてきたが、実際には目前に危機が迫っていたことが判明した。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング