【台風19号】丸森町、ボランティアようやく本格化 地元企業も「元気を発信」

産経ニュース / 2019年10月20日 15時40分

台風19号で大規模な浸水被害を受けた宮城県丸森町で20日、ボランティアセンターが開所し、ボランティアによる支援活動がようやく本格化した。地元の企業も復旧へと動き出し、活力を取り戻そうと意気込んでいる。町では一般のボランティアを19日から受け入れる予定だったが、雨のため20日に延期した。町は支援物資について整理に時間がかかるとして、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング