【台風19号】ハザードマップの浸水想定区域外で犠牲者 栃木・足利市

産経ニュース / 2019年10月21日 17時15分

台風19号で浸水被害を受けた栃木県足利市で、避難中に乗用車が浸水のため立ち往生し、乗っていた市内の無職の女性(85)が死亡した現場周辺が、同市が作成した「洪水・土砂災害ハザードマップ」では浸水想定区域に指定されていなかったことが分かった。市は早急にハザードマップを見直す方針だ。女性が家族とともに避難するため乗っていた車は12日夜、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング