「偽札の可能性」「札番号を確認する」と言われ2500万円詐取被害 埼玉

産経ニュース / 2019年10月23日 19時45分

埼玉県警秩父署は23日、秩父市に住む無職の女性(77)が現金2500万円をだまし取られる被害に遭ったと発表した。同署によると、23日午前11時ごろ、女性宅に警察官を名乗る男から「あなたの通帳が犯罪に利用された。自宅に保管している現金が偽札の可能性があるので札番号を確認する」などとの電話があった。信じ込んだ女性は同日正午すぎ、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング