【台風19号】茨城の農林水産被害額76億5000万円、平成以降で2番目の規模

産経ニュース / 2019年11月11日 21時5分

茨城県は11日、台風19号による県内の農林水産業の被害額が合計で76億5388万円に達したと発表した。台風の被害額としては平成3年9月の台風18号(76億6924万円)に迫り、平成以降で2番目の規模となった。県農業技術課によると、このうち農作物は12億1344万円で、全国1位の生産量を誇るハクサイの被害が最も大きく、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング