ベビーベッドに挟まれ乳児死亡 消費者庁が注意喚起

産経ニュース / 2019年11月15日 17時20分

消費者庁は15日、木製ベビーベッドの側面にある収納部分の扉が開き、そこから落ちた乳児が頭部を挟まれるなどして死亡する事故があったとして注意を呼びかけた。収納部分の扉のロックが完全にかかっていなかったことが原因とみられる。消費者庁によると、今年6月に生後8カ月の乳児が死亡する事故が発生。9月にも生後9カ月の乳児が重症を負ったという。ベッド側面にある下部収納の扉が開き、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング