自称県教育庁職員 酒気帯びで逮捕 千葉・山武

産経ニュース / 2019年12月8日 10時5分

酒を飲んで車を運転したとして、千葉県警山武署は8日、道交法違反(酒気帯び)の疑いで、自称同県教育庁の職員、江波戸直希容疑者(47)=横芝光町鳥喰新田=を逮捕した。調べに対し、容疑を認めているという。逮捕容疑は同日0時40分ごろ、同県山武市松尾町折戸の市道で、酒を飲んだ状態で乗用車を運転したとしている。江波戸容疑者はガードレールとぶつかる物損事故を起こし、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング