強毒ヒアリ定着の恐れ 水際対策「今が正念場」

産経ニュース / 2019年12月9日 21時30分

南米原産の強い毒を持つ「ヒアリ」が日本で定着する恐れが高まっている。東京都江東区の青海(あおみ)ふ頭で多くの女王アリを含む巣が発見されているためだ。女王アリが巣立つなどしていれば、拡散を食い止めるのは非常に難しくなるといい、専門家は早期の対策強化を訴えている。青海ふ頭は、東京五輪・パラリンピック会場からも近く、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング