16時間指導「教諭が退学示唆」 神戸・高1飛び降り、第三者委が報告書

産経ニュース / 2019年12月11日 12時6分

神戸市立六甲アイランド高で平成29年12月、当時1年の男子生徒(18)が校舎から飛び降りて重傷を負った問題で、経緯を調べていた第三者委員会は11日、報告書を市教育委員会に提出した。第三者委は生徒が教諭から2日間で計16時間にわたり別室で指導を受ける中で「退学を思わせる不適切な発言があり、自殺を決意するほど追い込まれた」と結論付けた。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング