「二日酔い」運転の摘発急増 秋田県警まとめ 昨年は最大3倍増

産経ニュース / 2020年1月27日 16時25分

昨年1年間の飲酒運転摘発で、通勤時間帯が最大3倍と急増したことが秋田県警本部のまとめでわかった。「一晩寝たから平気だ」と二日酔いでも運転してしまう人が少なくないが、摘発されれば高額な罰金や免許の停止・取り消しと停職や免職、事故を起こせば命にもかかわり、代償は計り知れない。交通指導課によると、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング