裁判所、死刑へにじむ慎重判断 遺族「絶望しました」

産経ニュース / 2020年1月27日 20時30分

殺人罪などに問われた平野達彦被告(45)への1審死刑判決を破棄し、無期懲役を言い渡した27日の大阪高裁判決。1審の裁判員裁判による死刑判決が2審で破棄されたケースは今回で7件目となる。プロの裁判官による上級審での減軽判断に、専門家は「裁判員は責任感や参加意欲を失う」と指摘する。「本日の判決にただただ驚き、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング