ボーガン矢5本使用、容疑者「全員殺すつもりだった」

産経ニュース / 2020年6月4日 17時15分

兵庫県宝塚市の住宅街で男が矢のようなものを放ち4人が死傷した事件で、現場の住宅内から凶器とみられるボーガンが見つかり、矢が5本使われていたことが4日、捜査関係者への取材で分かった。死傷者はいずれも、大学生、野津英滉(ひであき)容疑者(23)=殺人未遂容疑で逮捕=の親族とみられる。野津容疑者は「家族全員殺すつもりだった」と供述しているという。兵庫県警は宝塚署に捜査本部を設置。野津容疑者と死傷者との関係や詳しい動機を調べる。県警によると、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング